バッチリ完全対策で守り抜く我が家|簡単に侵入できないような防犯鍵

合鍵

防犯対策をしていたとしても合鍵が見つかれば防犯している意味がありません。
きちんと防犯をするなら合鍵を泥棒に見つからないように隠さなければならないのです。
玄関近くの郵便受けの裏や植木鉢の下などは合鍵を置く場所としては定番の場所です。
代表的な場所に置くとすぐ泥棒に発見されてしまうので、防犯対策をするためには合鍵を見つからない場所に置くことが大切です。
玄関近くに合鍵を隠すことは最初から玄関の鍵をかけないことと同じです。
防犯対策の知識をしっかり持って取り組むことで家の安全をより強化することができます。

合鍵を設置するものとしてキー保管庫がありますが、そこに合鍵を置いていたら真っ先に狙われてしまいます。
そのため防犯対策をするときはキー保管庫にダミーの鍵を置いておくと良いです。
ダミーなら使われても家の鍵が開くこともありませんし、泥棒にとって侵入に費やす時間を増やすことができます。
侵入時間に手間取ると泥棒も空き巣を諦めやすいので、ダミーの鍵を設置しておくことも方法の一つです。
また合鍵を置くときは玄関周りだと全く防犯にならないため、玄関から離れたところに置くことで安全性を高められます。
その他にも防犯対策のために使わない鍵をくっつけて鍵束をつくっておくことも有効的です。
鍵束ならその中から本物の鍵を探し当てないといけないので、かなりの時間がかかってしまいます。
合鍵は鍵を無くしたときに使うことができる便利なものですが、防犯面を考えるなら合鍵の置く場所を工夫することで泥棒にバレることなく設置できます。