バッチリ完全対策で守り抜く我が家|簡単に侵入できないような防犯鍵

鍵の種類

一般的に家の鍵としてよく使われているのがシリンダー錠で、これは鍵を使って玄関のドアを開ける方法です。
普通のマンションや一戸建てなら普通に使用されています。
鍵を使って開けることができますが、鍵がなければ開けられないので無くしてしまうと業者に鍵作成の依頼をしなければなりません。
次にテンキー錠の鍵は最初に暗証番号を決めておき、それを入力することによりドアが開く仕組みになっています。
このテンキー錠はマンションに入る前や企業などで多く使われているタイプです。
またシリンダー錠では鍵を使って開けることができますが、カードタイプでは鍵ではなく専用のカードを使います。
専用のカードならピッキングで開くこともないので安全性が高いです。
これ以外にも鍵の種類はいくつか存在していますが、その中でもこの3タイプの鍵は防犯対策として安全性が高いとされています。

また防犯で鍵を使うのではなく、指紋認証を行えるシステムもあります。
指紋なら鍵やカードを持つこともなく、手があればかざすだけで開くことができます。
絶対本人以外は開かないようになっているので、お金に余裕があるなら指紋認証システムを導入することで空き巣被害に合う確率を減らすことができます。
日頃から防犯対策をすることは、これから家の安全性を守るために大切なことです。
一般的には鍵を使って防犯をしていきますが、鍵の種類によっても防犯のレベルが違います。
防犯鍵の中ではディスクシリンダーは一番性能が低く、ディンプルシリンダーの方が上だとされています。
防犯対策の鍵を手に入れるなら性能が高いものにすることで家の防犯対策をすることができます。